LinuxMint19 インストール方法まとめ

スポンサーリンク

LinuxMint19のインストール方法/初期設定をまとめました。

 

LinuxMintは、Desktop用途で最も使われているUbuntuから派生したディストリビューションで、私もLinuxMint18を愛用しています。

LinuxMintは、ユーザーインターフェイスがWindowsに似ているため、普段Windowsを使っているユーザーでもそれほど違和感なく使うことができ、Linuxがはじめての人にもおすすめのディストリビューションです。

エディションの違い

LinuxMint19には、デスクトップ環境によって、いくつかのエディションが存在しますので、それぞれの特徴を簡単に紹介します。

Cinnamon Edition

LinuxMint19で最もモダン(現代的)なエディションです。

どのエディションをインストールするか迷ったら、まずはCinnamon Editionを試してみるのがいいと思います。LinuxMint公式サイトでも、迷った場合はCinnamon Editionを推奨しています。

MATE Edition

Cinnamon Editionに比べると、より安定性と速度を優先したエディションです。

MATE Editionの方がリソースの消費量が少ないので、古いPCにインストールする場合や、デスクトップ環境のきれいさや機能よりも、動作させるソフトウェアのパフォーマンスを重視したい場合はMATE Editionがおすすめです。

Xfce Edition

MATE Editionよりもさらに軽量なエディションです。

デスクトップのきれいさや機能は落ちますが、メモリの使用量はMATE Editionよりもさらに少ないで、古い/ロースペックなPCにインストールする場合や、デスクトップ環境に極力リソースを使いたくない場合は、Xfce Editionがおすすめです。

LMDE3

LMDEは、少し特殊なエディションです。

LinuxMintはUbuntuの派生ディストリビューションであるため、LinuxMint19ではUbuntu18.04がベースになっています。

しかし、LMDE3はUbuntuではなく、DebianをベースにしたLinuxMintです。

このエディションは、LinuxMintの開発チームが万が一Ubuntuがなくなってしまった場合を想定して開発しているエディションとのことです。

特殊なエディションですので、特別な理由がない限り選ばなくて良いと思います。

※KDE Edition

LinuxMint18までは、KDE Editionがありましたが、LinuxMint19では廃止されました。

 

システム要件

LinuxMint19のシステム要件は、公式サイトのブログを見たところ、Cinnamon,MATE,Xfce,LMDE3共通で以下だそうです。

  • 1GBのRAM(快適な使用には2GBを推奨)。
  • 15GBのディスク容量(20GBを推奨)。
  • 1024×768解像度(解像度が低く画面に収まらない場合は、Altキーを押しながらマウスでウィンドウをドラッグします)。

コメント

  1. km より:

    いつもていねいな記事でありがとうございます。
    あらたに Mint 19をインストールする方々にとても参考になると思います。

    さて私は、Mint Mate 18.3を使用し、いろいろカスタマイズが進んで来ました。
    このバージョンはあと2年半ほど「生命」があるのですが、その時点が
    近づくまではこのバージョンを使い続けようと思います。
    (こちらのバージョンはバグ枯れにより近いと思っています。)

    それで気になるのは、こちらでご紹介のクリーンインストールではなく、
    たとえば 18.3から上のバージョンにアップする際のことです。
    個人ファイル(オフィスファイルやテキストファイルやメールなど)は
    ふだんからバックアップしていますので移行は容易ですが、様々な
    設定(日本語入力など様々)やインストールしてカスタマイズしたアプリは
    バージョンアップすると、どうなるのでしょうか。

    100%でなくてもそこそこ引き継がれるのでしょうか。
    それともあらためてインストールやカスタマイズをゼロから行うのでしょうか。

    そのことがとても気になっています。

  2. TOSHIO より:

    kmさん

    こんにちは。

    私もまだ1台 LinuxMint18.3のマシンを持っています。

    調べてみたところ、LinuxMint18.3⇒19はアップグレードできるようです。
    ただ、少し手順が面倒なようでした。

    今度試してみようと思いますので、試したら
    記事にしますね。

  3. km より:

    ご返信、ありがとうございます。
    すぐに、ということではありませんので、
    またのご報告の記事を気長にお待ちいたします。