【Windows10】ISOファイルをUSBメモリに書き込む方法

スポンサーリンク

Linuxをインストールする場合など、サイトからISOファイルをダウンロードしてきて、それをDVD、CDに焼く必要があります。

 

しかし

  • DVD、CDのドライブがついていないPCにインストールする
  • 一度しか使わないインストールのために空のDVD、CDのメディアを使いたくない

などの理由で、CD,DVDではなく、USBメモリにISOファイルを書き込みたいことがあります。

 

Windows10でISOファイルをUSBメモリに書き込むためのソフトはいくつかあるのですが、インストール不要で使える「Rufus」を使った方法を紹介します。

 

「Rufus」のダウンロード

https://rufus.ie/ja_JP.htmlのページを開き、ダウンロードの項目から最新のRufusをダウンロードします。

 

EXEファイルを任意のフォルダに保存します。

 

 

「Rufus」でISOファイルをUSBメモリに書き込む方法

ダウンロードしたRufusのEXEファイルを起動します。

 

デバイス欄で、ISOファイルを書き込むUSBメモリを選択します。

 

[選択]ボタンをクリックします。

 

書き込みするISOファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。

 

[スタート]ボタンをクリックします。

 

ISOファイルを書き込みするために、必要なファイルが不足しているようです。

[はい]をクリックして、ファイルをダウンロードします。

 

「推奨」となっている[ISOイメージモードで書き込む]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

 

USBメモリのデータが削除されることの確認メッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

 

ISOファイルがUSBメモリに書き込みされます。

 

書き込みが終わったら、[閉じる]ボタンをクリックします。

 

これで、ISOファイルをUSBメモリに書き込みできました。

コメント

スポンサーリンク