【格安-高スペック-海外VPS】 Contabo VPSの紹介/申込方法

スポンサーリンク

超格安で高スペックな海外VPS「Contabo VPS」を紹介します。

Contaboとは

Contaboとは、2003年にドイツに設立されたVPS/Webホスティングサービスを提供している会社です。

特徴は、超格安で高スペックのVPSを提供していることです。

 

最も安い「VPS 300」というプランでは、

  • CPU:2コア
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:300GB(SSD + HDD)
  • 価格:3.99ユーロ/月 ※1ユーロ=120円とすると、約480円

 

2番目に安い「VPS S SSD」では

  • CPU:4コア
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:200GB(SSD)
  • 価格:4.99ユーロ/月 ※1ユーロ=120円とすると、約600円

 

これと同程度のスペックのVPSを国内で借りるとすると、

さくらのVPSでは

  • CPU:4コア
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:200GB(SSD)
  • 価格:3,200円

 

GMOクラウド VPSでは

  • CPU:4コア
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:200GB(SSD)
  • 価格:2,830円

 

圧倒的に安いことがわかると思います。

 

Contaboの申し込み方

私は、Contaboの「VPS S SSD」というプランを申し込んでみたので、その申込み方法を紹介します。

 

Contaboのサイトにアクセスし、「VPS」をクリックします。

 

プランの選択画面が表示されるので、申し込みするプランをクリックします。

 

オプションを指定する画面が表示されます。

※最低限、OSを選択すればOKです。

また、料金をまとめて前払いすると、セットアップ料金が割引されます。

私は初めての利用で解約の可能性もあったので、前払いはしませんでした。

 

オプションを選択したら、右下の「Order Now」をクリックします。

 

名前、住所などを英語で入力します。

 

支払いは、PayPalを使用するので、PayPalのアドレスを入力します。

 

「Review and submit order」をクリックします。

 

支払い情報の確認画面が表示されるので内容を確認し、「Place binding order」をクリックします。

 

PayPalの支払い画面が表示されるので内容を確認し、「同意して続行」をクリックします。

 

以下の画面が表示されれば、支払いは完了です。

「注文ステータスを確認する」をクリックします。

 

以下のような画面が表示されれば、注文は行われています。

 

申込時に入力したメールアドレス宛に以下のメールがきます。

メールの内容は以下の2つです。

1.申し込み内容の再確認

申し込み画面で入力した内容を再入力して返信します。

2.本人確認

本人確認ができるパスポートや免許証などの写真を返信します。

※私は免許証の写真を撮って送りました。日本の免許証で問題ないようです。

 

↑上のメールを返信後、しばらくするとVPSにアクセスするための情報がメールで届きます。

※メールを返信してから24時間以内に届くようです。私の場合は3時間くらいで届きました。

 

SSHを使ってVPSのへ接続する

メールに記載されていた「 IP adress」、「user name」、「 password」を使ってsshでサーバへ接続します。

※ssh接続に使用したのは、LinuxMint19がインストールされたノートパソコンのターミナルです。

 

sshで接続できると以下のように表示されます。

 

VNCを使ってVPSへ接続する

contaboのVPSへVNCを使って接続する方法を紹介します。

 

contabo VPS側の作業

VNC用のユーザー追加

VNC接続時に使用するユーザーを追加します。

SSHでVPSへ接続し、以下のコマンドを実行します。

adduser [ユーザー名]

 

パスワードを入力します。

 

Full Name、Room Number・・・ は、デフォルトで良いのでENTERを押します。

最後に、確認メッセージが表示されるので、「y」を入力します。

 

Ubuntu-desktopのインストール

VPSにはデスクトップ環境がインストールされていないため、デスクトップ環境をインストールします。

今回は、Ubuntuの標準である「ubuntu-desktop」をインストールしました。

apt install ubuntu-desktop

 

一度、VPSを再起動します。

shutdown -r now

 

ここまでで、VPS側の設定は完了です。

 

リモート接続するパソコン側の作業

VNCクライアント「Remmina」のインストール

続いて、VNC接続するパソコンにVNCクライアントをインストールします。

※VNC接続に使用したのは、LinuxMint19がインストールされたノートパソコンです。

今回は、Remminaというリモートデスクトップクライアントを使用します。

 

Remminaをインストールします。

sudo apt-get install remmina

 

RemminaでVNC接続する場合、プラグインが必要なためインストールします。

sudo apt-get install remmina-plugin-vnc

 

Remminaを使ってVNCを接続

メニューからRemminaを起動します。

 

左上の「+」をクリックします。

 

VPSへの接続情報を設定します。

名前:任意の名前

プロトコル:VNCを選択

サーバー:[サーバIPアドレス]:[ポート番号] を指定します。

※contaboの場合、VNC接続専用のIPアドレス/ポート番号があるので、それを指定します。

ユーザー名:root

User password:パスワード を指定します。

※contaboの場合、VNC接続専用のパスワードがあるので、それを指定します。

色数:color(15bpp)を選びました。

すべて設定したら、「Save and Connect」をクリックします。

 

Ubuntu-Desktopが起動します。

ユーザー名をクリックします。

 

Passwordを入力し、Sign Inをクリックします。

 

Ubuntu-desktopが起動しました。

 

VNCの場合、操作にはタイムタグがありローカルパソコンのようには使えません。

ただ、コマンドよりもGUIで操作したいこともあるかもしれませんで、設定しておいて損はないように思います。

 

RDPを使ってVPSへ接続する

VNCを使って、VPSへ接続できるようになりましたが、どうしてもレスポンスの遅さが気になり、RDPを使うことにしました。

 

VNCとRDPは以下の違いがあります。

VNC

画面イメージを切り取って転送している

RDP

RDPは画面の書き換え要求メッセージを送信している

参考リンク:リモート接続周りの話(SSH,リモートデスクトップ等)-VNCとRDP比較

VNCは、VPS側の画面イメージをずっと転送し続けて画面を表示する仕組みのため、帯域も多く使いますし、レスポンスの面でもいまいちです。

その点、RDPは画面イメージ自体は送らないため、VNCに比べると、レスポンスの面で良くなります。

 

contabo VPS側の作業

VNC設定時に追加したユーザーを使って、contabo VPSにSSHで接続します。

ubuntu-mate-desktopのインストール

VNC接続で使用したubuntu-desktopは私には使いにくいので、ubuntu-mate-desuktopをインストールして使うようにしました。

sudo apt install -y ubuntu-mate-desktop

 

xrdpのインストール

RDPという仕組みはWindowsで使われているものですが、xrdpをインストールするとLinuxでも使えます。

sudo apt install -y xrdp

 

xsessionファイルの編集

RDP接続した際に、「ubuntu-mate-desktop」を起動するようにするため、xsessionファイルを編集します。

vi ~/.xsession

 

以下の行を追加します。

mate-session

 

リモート接続するパソコン側の作業

RDPで接続する場合も、VNCの時と同じ「Remmina」を使用します。

RemminaにRDP用のプラグインを追加

RemminaでRDP接続する場合は、プラグインを追加する必要があります。

sudo apt-get install remmina-plugin-rdp

 

RemminaでRDPを使って接続

メニューからRemminaを起動します。

 

左上の「+」をクリックします。

 

VPSへの接続情報を設定します。

名前:任意の名前

プロトコル:RDPを選択

サーバー:[サーバIPアドレス] を指定します。

ユーザー名:[リモート接続用に追加したユーザー名]

User password:パスワード を指定します。

色数:High color(16bpp)を選びました。

すべて設定したら、「Save and Connect」をクリックします。

 

ubuntu-mate-desktopが起動しました。

 

【補足】IBusが自動起動せず、日本語入力できない 対処方法

XRDPでUbuntu-MATE環境に接続すると、日本語入力ができませんでした。

原因を調べたところ、日本語入力に使用しているIBusが起動していないようでした。

 

そこで、以下の方法でIBusを自動起動するようにしました。

 

[メニュー]→[設定]→[自動起動するアプリ]をクリックします。

 

[追加]ボタンをクリックします。

[]

 

以下のように入力します。

名前:IBus

コマンド:ibus-daemon-drx

説明:入力なし

 

「IBus」が追加されていることを確認して、[閉じる]ボタンをクリックします。

再起動すると、日本語入力ができるようになりました。

 

RDPの場合、VNCより快適に使用できました。

デスクトップ環境をよく使うのであれば、VNCよりRDPの方がオススメです。

 

まとめ

超格安で高スペックな海外VPS「Contabo VPS」を紹介しました。

サーバはドイツにあるため、日本から距離がありレスポンスには不安がありますが、それを差し引いても、ありえない安さスペックの良さです。

私は、LineageOS(Android)のコンパイルがやってみたくて、VPSを探していました。

LineageOSのコンパイルには、「ある程度のサーバスペック(メモリ8GB以上、空きストレージ100GB以上(SSD推奨)など)」が求めらます。

そのため、なかなか安価に借りることができるVPSが見つからずにいましたが、「Contabo VPS」は必要なスペックを安く使うことができ、満足しています。「Contabo VPS」で無事にLineageOSのコンパイルもできました。

「Contabo VPS」は、安価にハイスペックなVPSを使用したい人にオススメです。

スポンサーリンク
Linux コンピュータ
TOSHIOをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOSHIO-WEB

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク