[LinuxMint]ISOファイルをCD/DVDに書き込み、ブート可能なCD/DVDを作成する

スポンサーリンク

Linuxをインストールする場合など、ISOファイルをDVDに焼く必要があります。

Linux MintでISOファイルをDVDに焼く方法を紹介します。

私が使用しているLinux Mint18には、DVDを焼くためのライティングソフトがインストールされていませんでした。

そのため、ライティングソフトのインストールから行います。

メニュー→ソフトウェアマネージャを起動します。

 

右上の検索ボックスに「Brasero」と入力し、表示された「Brasero」をクリックします。

※Braseroは、GNOMEデスクトップ環境向けのCD/DVDライティングソフトウェアです。

 

「インストール」をクリックし「Brasero」をインストールします。

 

インストールが完了したら、メニュー→サウンドとビデオ→Braseroをクリックします。

 

ISOファイルをDVDに焼く場合は、一番下の「イメージの書き込み」クリックします。

 

「書き込むディスクイメージを選択」をクリックします。

 

書き込みするISOファイルを選択し、「開く」をクリックします。

 

空のDVDをDVDドライブにセットし、「書き込み先のディスクの選択」で空のDVDを選択し、「書き込む」をクリックします。

 

書き込みが完了するまで待ちます。

 

下記のダイアログが表示されたら、「閉じる」をクリックします。

以上で、ISOファイルをDVDに焼くことができました。

Braseroは、シンプルな作りで迷うこともなくISOファイルを焼くことができました。

コメント