[Windows7]ISOファイルをCD/DVDに書き込む方法

スポンサーリンク

Linuxをインストールする場合など、サイトからISOファイルをダウンロードしてきて、それをDVD、CDに焼く必要があります。

Windows7以降は、Windows標準機能でISOファイルを焼くことができるので、その方法を紹介します。

 

DVD、CDに書き込みするISOファイルを右クリックし、[ディスク イメージの書き込み]をクリックします。

 

空のDVD、CDをいれ、[書き込み用ドライブ]で書き込み先のドライブを選択し、[書き込み]ボタンをクリックします。

 

↓の画面が表示されるので、書き込みが終わるまで待ちます。

 

書き込みが正常に完了すると、↓の画面になるので[閉じる]ボタンをクリックします。

 

Windows7より前は、ISOファイルを焼くためにライティングソフトをインストールする必要がありましたが、気がついたらwindows標準機能になっていました(^^;)

Windows7の標準機能でできるので、簡単でした。

スポンサーリンク
Windowsコンピュータ
TOSHIOをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOSHIO-WEB

コメント

  1. アオキ より:

    動かなくなったXP(ロゴの無限ループ)マシンにインストールしようと試みていますが、
    「ISOLINUX 6.03 20171018 ETCD isolinux:Disk error 80, Ax=4287, drive 90」
    というメッセージが表示されて進みません。

    • TOSHIO TOSHIO より:

      アオキさん

      こんにちは。

      エラーメッセージから考えますと、下記のどれかではないかと思います。
      ・ダウンロードしたISOイメージファイルが壊れていた。
      ・ISOイメージファイルを書き込む際に、何らかの問題が発生し、壊れたインストールイメージが作成されてしまった
      ・インストール対象PCのドライブが壊れており、読み込みが正しくできない

      ISOファイルのダウンロード、インストールメディアの作成をもう一度やってみてはどうでしょうか?

      • 成田達哉 より:

        windows7からLinux MATEのisoをデータ用DVD-Rに焼く場合、一旦解凍してからデータ用DVD-Rに焼いた方が宜しいでしょうか。

        • TOSHIO TOSHIO より:

          成田さん

          ダウンロードしたファイルがISOであれば、解凍などは必要ありません。
          ISOファイルをデータ用DVD-Rに焼いてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク