最新のKDEが使える「KDE neon」のインストール方法/紹介

スポンサーリンク

KDEのデスクトップ環境を使ってみたくなり、KDE neonというLinuxディストリビューションを試してみました。

KDE neonのインストール方法と紹介をします。

 

KDE neon とは

KDE neonは、UbuntuのLTS版(長期サポート版)をベースにしたLinuxディストリビューションです。

デスクトップ環境に、 KDE Plasmaを採用しています。

プラットフォームは、64bit環境のみで、32bit版は提供されていません。

 

KDE neonは、KDEの開発元が提供しているLinuxディストリビューションであるため、KDEデスクトップ環境を使うためのLinuxディストリビューションと言えます。

 

Kubuntuとの違い

「Ubuntu + KDE」の組み合わせは、Ubuntu派生のKubuntuと同じです。

Kubuntuとの違いは、KDE neonの方がより早く最新のKDE環境が提供されることです。

よって、最新のKDE環境を使ってみたい場合は、KubuntuよりもKDE neonの方がオススメです。

 

ただ、更新が早い分不具合が含まれる可能性もあります。

安定したバージョンを使用したい場合は、Kubuntuの方が良いかもしれません。

 

KDE neonのダウンロード

KDE neonのページを開きます。

「User Edition」のリンクをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

※「User Edition」以外の Testing、UnstableなどのEditionは開発者向けの不安定なバージョンですので不要です。

 

 

ISOファイルからインストール用メディアを作成する

ISOファイルはそのままではインストールに使用できません。

ISOファイルをDVDに焼くか、USBメモリに書き込みする必要があります。

WindowsでDVDに焼く場合は、下記の記事を参照ください。

 

[Windows7]ISOファイルをCD/DVDに書き込む方法
Linuxをインストールする場合など、サイトからISOファイルをダウンロードしてきて、それをDVD、CDに焼く必要があります。 Windows7以降は、Windows標準機能でISOファイルを焼くことができるので、その方法を紹介します...

 

WindowsでUSBメモリに書き込む場合は、下記の記事を参照ください。

 

[Windows7]ISOファイルをUSBメモリに書き込む方法
ブート用ISOファイルをUSBメモリに書き込み、ブート可能なUSBメモリを作成する方法を紹介します。USBメモリへの書き込みには、シンプルで使いやすい「Win32 Disk Imager」を使用します。

 

LinuxMintでDVDに焼く場合は、下記の記事を参照ください。

 

[LinuxMint]ISOファイルをCD/DVDに書き込む方法
Linuxをインストールする場合など、ISOファイルをDVDに焼く必要があります。 Linux MintでISOファイルをDVDに焼く方法を紹介します。 私が使用しているLinux Mint18には、DVDを焼くためのライティン...

 

LinuxMintでUSBメモリに書き込む場合は、下記の記事を参照ください。

 

[LinuxMint]ISOファイルをUSBメモリに書き込む方法
Linuxをインストールする場合など、ISOファイルをUSBに焼く必要があります。 Linux MintでISOファイルをUSBに書き込む方法を紹介します。 私が使用しているLinux Mint18には、USBにISOファイルを...

 

 

KDE neonのインストール方法

KDE neonのインストール方法を紹介します。

KDE neonのインストーラーはとてもわかりやすく、日本語表示もできるので良い印象でした。

 

インストールメディア/インストールUSBをセットして、パソコンを起動します。

デスクトップが表示されたら、[Install neon user]をクリックします。

 

[日本語]を選択して、[続ける]をクリックします。

 

キーボードレイアウトが[日本語]になっていることを確認し、[続ける]をクリックします。

 

チェックボックスにチェックを入れ、[続ける]をクリックします。

 

今回は、ディスク全体にKDE neonをインストールするので[ガイド – ディスク全体を使う]を選択。

[インストール]をクリックします。

 

確認メッセージが表示されるので、[続ける]をクリックします。

 

タイムゾーンで[日本時間]が選択されていることを確認し、[続ける]をクリックします。

 

ユーザー情報を入力して、[続ける]をクリックします。

 

インストールが行われるので、しばらく待ちます。

 

以下のメッセージが表示されたら、[今すぐ再起動する]をクリックします。

 

これで、インストールは完了です。

 

 

KDE neon の画面イメージ

KDE neonの画面イメージを紹介します。

 

起動すると、ログイン画面が表示されます。

インストール時に入力したパスワードでログインします。

 

インストール直後のデスクトップは、以下のようになっています。

デスクトップ上にアイコンは一つもありませんでした。

 

左下の[>]をクリックすると、メニューが表示されます。

KDEでは、メニューの下の部分に「お気に入り、アプリケーション、コンピュータ、履歴、終了」と切り替えるボタンがあります。

 

ファイルマネージャーを開くと、以下のように表示されます。

 

KDEでは、いろいろなカスタマイズを行うことができます。

設計変更は、「KDE システム設定」というアプリケーションにまとまっています。

 

 

日本語入力

KDE neonでは、インストール直後から日本語入力ができました。

よって、追加でインストールや設定変更は行ってません。

 

 

メモリ使用量

起動直後のメモリ使用量を、「free -h」コマンドで確認しました。

メモリの使用量は、459MBでした。

KDEは、簡素なデスクトップ環境ではありません。

それでいて、500MB以下の使用量ということなので優秀だと思います。

 

 

インストールされているアプリケーション

KDE neonでは

  • インターネット
  • オフィス
  • グラフィックス
  • システム
  • マルチメディア
  • ユーティリティ
  • 設定

のカテゴリーにわかれてアプリケーションが登録されています。

 

インターネットアプリは、ブラウザと「KDE Connect」というAndoridと連携するアプリが入っていました。

ブラウザは、Firefoxでした。

 

オフィスアプリは、「Okular」というビューアのみで、LibreOfficeなどは入っていません。

 

グラフィックスアプリは、ビューアが2つ入っているのみでした。

 

システムに入っているアプリも厳選されており、ファイルマネージャやターミナルも含めてわずか7アプリでした。

 

マルチメディアアプリは、有名な「VLCメディアプレイヤー」が入っているのみでした。

 

ユーティリティにはテキストエディタなど、5アプリでした。

 

設定に入っていたのは、Fcitx,Ibus,Mozcといった文字入力関連のアプリと、「KDE システム設定」アプリでした。

 

KDE neonは、デフォルトでインストールされているアプリケーションは、とても厳選されているようです。

ほとんどが、KDE関連のアプリで、それ以外はFirefoxやVLC、Mozcなど限られたアプリのみでした。

 

 

アプリケーション追加方法

KDE neonでは、デフォルトでインストールされているアプリはとても厳選されていますが、Discoverというアプリから好きなアプリケーションが追加できます。

 

メニューから[Discover]を起動します。

 

Discoverが起動します。

左のツリーからアプリケーションを探すこともできますし、左上の検索ボックスからアプリ名で検索もできます。

 

試しに、「Chromium ウェブ・ブラウザ」をインストールしてみました。

左上の検索ボックスで検索し、表示された「Chromium ウェブ・ブラウザ」の右の[インストール]ボタンをクリックします。

 

すると、[インストール]ボタンが[ダウンロード中]に変わり、ダウンロードとインストールが行われます。

 

インストールが完了すると、メニューに「Chromium ウェブ・ブラウザ」が表示されます。

 

「Chromium ウェブ・ブラウザ」が起動しました。

 

 

まとめ

KDE neonのインストール方法と紹介をしました。

 

私は、今までいくつかのディストリビューションを使ってきましたが、KDEが採用されているものは避けてきました。

「KDEは重い」という強いイメージがあったからです。

動きは派手であるものの、動作が重く使いづらいという印象がありました。

※10年前くらいのイメージをずっと引きずっていました。

 

しかし、最近になってあらためて調べてみたところ、今のKDEは改善されており、ほかのデスクトップ環境と比べて重いということはなく、使いやすくなっているということでした。

 

今回、実際にKDE neonを使ってみたところ、動作が重いということはありませんでした。

それでいて、デスクトップはきれいでスッキリしており、軽量Linuxにありがちな古臭さもありませんでした。

KDE neonはインストールされているアプリケーションも厳選されており、不要なアプリケーションがないのも好印象でした。

 

私は、Linux Mint19(Cinnamon)をメインで使用していますが、乗り換えても良いと思えるほどよい印象でした。

 

スポンサーリンク
Linux
TOSHIOをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOSHIO-WEB

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク