android カスタムROM インストール方法/焼き方

この記事では、android端末にカスタムROMをインストールする方法を紹介します。

カスタムROMとは?

「メーカーがインストールした標準のAndroid」に対して、「有志が開発しカスタマイズされたAndroidのことをカスタムROM」といいます。

Androidは、「AOSP(Android Open Source Project)」というプロジェクトで、オープンソースとして開発が行われているため、Androidのソースコードは誰でも入手できます。

そのソースコードを利用し、有志の方々が作成したものがカスタムROMです。

なぜ、カスタムROMを使うのか?

Androidの場合、メーカーからアップデートが提供されるのは、長くて2〜3年です。

その期間を過ぎてしまうと、Androidの新バージョンは使えませんし、セキュリティアップデートも提供されないため、セキュリティ面の不安もでてきます。

しかし、さきほども言ったように、Androidはオープンソースで開発されているOSです。

そのため、メーカーがアップデート提供を終了した端末であっても、有志の方々がカスタムROMを作ってくれていれば、新しいバージョンのAndroidを使用することができます。

カスタムROMを入れるためのステップ

カスタムROMを入れるためには、以下の4つのステップを行う必要があります。

adb、fastbootコマンドを使用できるようにする

PCからAndroid端末に接続し、adbコマンド、fastbootコマンドが実行できるようにする必要があります。

Windows、Linux、MacのいずれかのPCでadbコマンド、fastbootコマンドを実行できるようにします。

 

ブートローダーのアンロック

ブートローダーとは、端末の起動時に呼び出され、Androidを起動させるプログラムのことです。

カスタムROMをインストールするためには、ブートローダーを書き換える必要があるのですが、通常ブートローダーは書き換えできないようにメーカーがロックをかけています。

そのため、まずはそのロックを解除(アンロック)する必要があります。

アンロックの方法は、端末によって異なりますので、自分が使用している端末のアンロック方法を調べる必要があります。

アンロック方法が見つからない場合、その端末にカスタムROMをインストールすることはできません。

 

カスタムリカバリーのインストール

Androidには、標準でリカバリー機能がついています。

しかし、Android標準のリカバリー機能では、カスタムROMのインストールはできません。

そのため、先に「カスタムリカバリー」と呼ばれるソフトをインストールし、そのソフトを使用してカスタムROMをインストールします。

2019年1月時点で、おすすめなのは「TWRP(Team Win Recovery Project)」というカスタムリカバリーです。

 

カスタムROMのインストール

カスタムリカバリーを使用して、Android端末を起動します。

まずは、「Wipe」という処理を行いAndroid端末を初期化します。

次に、インストールするファイルを選択し、カスタムROMをインストールします。

 

カスタムROMをインストールするのに適した端末

カスタムROMはどんな端末にもインストールできるわけではありません。

カスタムROMをインストールをするのに適した端末があるので、その条件を記載します。

 

ブートローダーがアンロックできること

カスタムROMをインストールするためには、ブートローダーがアンロックできることが条件になります。

自分が使用している端末のブートローダーのアンロック方法を調べてアンロックできるか確認しましょう。

 

世界で使用者が多い端末

カスタムROMは有志の方々が開発しているため、マイナーな機種ですとカスタムROMが提供されていないことが多いです。

世界で見た時に利用者が多い端末ほど、カスタムROMが開発されている可能性が高いです。

 

Google製の端末(Nexus/Pixcel)がオススメ!

Google製の端末「Nexus/Pixcel」はカスタムROMをインストールするのに一番オススメです。

bootloaderのアンロック方法も明確にわかってますし、多くのカスタムROMが開発されています。

もし、カスタムROMを入れるのに新しい端末を入手するのであれば、「Nexus/Pixcel」シリーズが良いと思います。

 

Nexus6にカスタムROM(LineageOS)をインストールした手順

私は、ヤフオクでGoogle製の端末「Nexus6」を入手しました。

今回は、この「Nexus6」に有名なカスタムROM「LineageOS」をインストールする手順を紹介します。

LineageOS - Wikipedia

環境

PC:LinuxMint19.1(64bit)

スマホ:Nexus6

 

必要なファイル

Nexus6にカスタムROM「LineageOS」をインストールするために必要なファイルをダウンロードします。

Nexus6用カスタムリカバリー(TWRP)

カスタムROMをインストールするために必要なソフト「カスタムリカバリー」をダウンロードします。

今回は、TWRP(Team Win Recovery Project)というカスタムリカバリーを使用します。

TWRPは、インストールする端末別にimgファイルが別れています。

Nexus6のimgファイルは、「shamu」という名前のものなので、それの最新版をダウンロードします。

Download TWRP for shamu
Download TWRP Open Recovery for shamu

 

カスタムROM(LineageOS15.1)

カスタムROMの本体をダウンロードします。

こちらも、カスタムリカバリーと同様に端末別にファイルが別れています。

LineageOSのDownloadサイトから、「Nexus6(shamu)」の最新ファイルをダウンロードします。

LineageOS Downloads

 

OpenGapps(Google製のアプリ一式)

カスタムROMには、Google製のアプリ(Google Playなど)が含まれていません。

そのため、カスタムROMとは別にOpenGappsというものをインストールする必要があります。

The Open GApps Project
OpenGApps.org offers information and pre-built packages of The Open GApps Project. The Open GApps Project is an open-source effort to script the automatic gener...

 

Nexus6の場合

 Platform:ARM

Android:8.1(LineageOS15.1は、Android8.1がベース)

Variant:pico

上の方に行くに連れ、デフォルトで多数のGoogle製アプリが同梱されています。

ただ、GooglePlayさえインストールできてしまえば、あとはPlayストアからインストールすれば良いので、一番サイズの小さい「pico」がおすすめです。

 

【ROOT化する場合は必要】Magisk

端末をROOT化したい場合は、下記もダウンロードしておく必要があります。

ROOT化不要であれば、このファイルは不要ですので飛ばしてください。

topjohnwu/Magisk
A Magic Mask to Alter Android System Systemless-ly - topjohnwu/Magisk

 

ダウンロードしたファイルを端末へ転送

ダウンロードした各ファイルは、事前に端末のストレージにコピーしておきます。

 

adb、fastbootコマンドを使用できるようにする

カスタムROMをインストールするためには、adbとfastbootという2つのコマンドを実行できなければなりません。

LinuxMint19の場合、ターミナルで下記のコマンドを実行し、adbとfastbootコマンドをインストールします。

sudo apt install android-tools-adb android-tools-fastboot

※今私の手元には、LinuxMintしかありません。Windows、Macをお使いの方は、ネットでインストール方法を調べてください。

 

adb、fastbootコマンドを実行する場合、Android端末の情報を「51-android.rules」というファイルに登録しておく必要があります。

データ通信ができるUSBケーブルで、PCとAndroid端末をつなぎます。

ターミナルから、「lsusb」コマンドを実行します。

実行結果から、接続されたAndroid端末を見つけ、赤枠で囲った先頭4桁(下記の写真では、”18d1″)をメモします。

 

「51-android.rules」ファイルを編集するため、ターミナルから下記のコマンドを実行し、テキストエディタをスーパーユーザーで開きます。

sudo xed /etc/udev/rules.d/51-android.rules

開いたファイルに、下記を追加します。

SUBSYSTEM==”usb”, ATTRS{idVendor}==”18d1″, MODE=”0666″, GROUP=”plugdev”

 

ブートローダーのアンロック

Nexus6のブートローダーをアンロックします。

【注意】

Nexus6のブートローダーをアンロックすると、端末が初期化されます。

よって、作業を始める前に必要なファイル等はバックアップしておきましょう。

 

設定画面⇒端末情報をタップ

 

「ビルド番号」を7回タップします。

 

7回タップが終わると、設定メニューに「開発者向けオプション」が表示されるので、「開発者向けオプション」をタップします。

 

「USBデバッグ」をオンにします。

 

下記のダイアログが表示されるので、チェックを入れ「OK」をタップします。

 

「OEMロック解除」をオンにします。

 

USBケーブルで、PCとNexus6を接続した状態で、ターミナルから、以下のコマンドを実行します。

adb reboot bootloader

 

Nexus6がリカバリーモードで起動します。

下の写真の赤枠部分に「Device is LOCKED」と表示されていることから、このNexus6はブートローダーがロックされた状態であることがわかります。

 

端末から以下のコマンドを実行し、bootloaderのアンロックを解除します。

fastboot oem unlock

 

Nexus6の画面に以下の警告メッセージが表示されます。

処理を続ける場合は、電源ボタンを押します。

 

「Yes」を選択し、電源ボタンを押します。

これで、ブートローダーのアンロックは完了です。

アンロックすると、端末が初期化されるため、Androidの初期設定画面が表示されます。

 

カスタムリカバリーの起動

USBケーブルで、PCとNexus6を接続した状態で、ターミナルから、以下のコマンドを実行します。

adb reboot bootloader

 

下記コマンドで、TWRPのimgファイルをNexus6にインストールします。

fastboot flash recovery /home/toshio/ダウンロード/twrp-3.2.3-0-shamu.img

 

カスタムROMをインストール

写真の赤枠に「device is UNLOCKED」と表示されていることを確認します。

 

ボリュームボタンのプラスマイナスで、「RECOVERY MODE」を選択します。

 

TWRPが起動します。

右上のWipeをタップします。

 

画面下の「Swipe to Factory Reset」の部分をスワイプします。

※Factory Resetとは、初期化処理のことです。

 

処理が終わったら、メニューに戻ります。

 

「install」をタップします。

 

Nexus6にコピーした「lineage-15.1・・・.zip」を選択し、「Install Image」をタップします。

 

「Add more Zips」をタップします。

 

「open_gapps・・・.zip」を選択し、「Install Image」をタップします。

 

Root化する場合、もう一度「Add more Zips」をタップします。

 

「Magisk-v・・・.zip」を選択し、「Install Image」をタップします。

 

「Swipe to confirm Flash」をスタイプします。

 

選択したファイル順に、インストールが行われます。

 

処理が完了したら、「Reboot System」をタップします。

 

LineageOSが起動します。

※初回起動時のみ、起動に時間がかかります。

 

正常に起動すれば、Androidの初期設定画面が表示されます。

 

初期設定を完了し、設定メニューから端末情報を確認すると、LineageOSがインストールされていることが確認できます。

まとめ

スマホのOSは、メーカーが提供しているものしか使えないと思われがちですが、PCと同じようにOSを入れ替えすることもできます。

最近のスマホの「高性能化」と「高価格化」はすさまじく、これを2年程度で買い換えて行くのは、私としてはもったいないと思っています。

端末を長く使っていくために、カスタムROMをインストールするというのは良い選択だと思います。

私は、Nexus6にLineageOS15.1を入れて使っていますが、全く問題なく使えています。

Nexus6のAndroidの最終バーションは7.1ですが、LineageOS15.1は8.1相当のため、メーカーの公式アップデートの提供が終わったあともカスタムROMを使用することで新しいAndroidバージョンを使い続けることができています。

 

androidコンピュータ
スポンサーリンク
TOSHIOをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOSHIO-WEB

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク