[Ubuntu Server]Sambaで自宅ファイルサーバ構築

自宅サーバ用として購入したワークステーション(HP Z230 SFF Workstation)をファイルサーバとして使用するため、Sambaをインストールしました。

この記事では、Sambaのインストール/設定/パソコンからの接続方法を紹介します。

 

 

Sambaのインストール

Sambaをインストールします。

先にパッケージ一覧とパッケージの更新をします。

sudo apt update
sudo apt upgrade

 

Sambaをインストールします。

sudo apt install samba

 

 

共有フォルダの設定

共有フォルダを作成し、Sambaの設定をします。

今回は、「/home/toshio」の直下に「share」フォルダを作成し共有します。

 

shareフォルダを作成します。

sudo mkdir /home/toshio/share/

 

shareフォルダの権限を「777(フルアクセス)」に変更します。

 

Sambaの設定ファイルを編集します。

sudo vi /etc/samba/smb.conf

 

共有フォルダの設定をファイルの最後に追記します。

[]共有名
comment共有に対するコメント文字列
path共有するディレクトリへのパス
read onlyno(yes:書込不可 no:書込可)
browsableyes(yes:共有の一覧に表示 no:共有の一覧に非表示)
## /home/toshio/share ###
[share]
  comment = Samba on Ubuntu
  path = /home/toshio/share
  read only = no
  browsable = yes

 

設定を反映させるため、Sambaを再起動します。

 

Sambaにユーザーを追加します。

  • ユーザーはUbuntu Serverに存在するユーザーでなければいけません。
  • ここで設定したユーザー/パスワードで、共有フォルダにアクセスします。
sudo pdbedit -a [ユーザー]

 

 

Sambaの共有フォルダにアクセスする

Sambaで作成した共有フォルダにアクセスする方法を紹介します。

 

Windows10の場合

エクスプローラを開き、「ネットワークドライブの割り当て」をクリックします。

 

以下のように設定し、「完了」をクリックします。

ドライブ任意のアルファベットを選ぶ
フォルダー\\[Ubuntu ServerのIPアドレス]\[smb.confに記載した共有名]
サインイン時に再接続するチェック
別の資格情報を使用して接続するチェック

 

pdbeditコマンドで設定したユーザー/パスワードを入力します。

「資格情報を記憶する」をチェックして、「OK」をクリックします。

 

共有フォルダが開きます。

フォルダ/ファイルの作成、更新、削除が一通りできることを確認します。

 

Linux Mint(MATE)の場合

ファイルブラウザーを開き、「ファイル」⇒「サーバへ接続」をクリックします。

 

以下のように設定し、「接続する」をクリックします。

サーバ[Ubuntu ServerのIPアドレス]
種類Windows共有
フォルダー/[smb.confに記載した共有名]
ドメイン名WORKGROUP
ユーザー名[pdbeditコマンドで設定したユーザー]
パスワード[pdbeditコマンドで設定したパスワード]
このパスワードを記憶させるチェック
ブックマークを追加チェック
ブックマーク名任意の名前
※この名前がファイルマネージャーのブックマークメニューに追加される

 

共有フォルダが開きます。

フォルダ/ファイルの作成、更新、削除が一通りできることを確認します。

 

Androidの場合

自宅のWIFIに接続していれば、AndroidからSambaの共有フォルダにアクセスできます。

私は、「X-plore」というアプリを使用しました。

 

「LAN」⇒「サーバー追加」をタップします。

 

以下のように設定し、「保存」をクリックします。

ラベル任意の名前
サーバー[Ubuntu ServerのIPアドレス]
パス[smb.confに記載した共有名]
ユーザー名[pdbeditコマンドで設定したユーザー]
パスワード[pdbeditコマンドで設定したパスワード]
SMB2ON
ドメインWORKGROUP

 

共有フォルダが開きます。

フォルダ/ファイルの作成、更新、削除が一通りできることを確認します。

 

 

まとめ

Sambaのインストール/設定/パソコンからの接続方法を紹介しました。

 

家中の端末から、1つのフォルダを共有できるので、ファイルの受け渡しがとても楽になりました。

現在は1TBのHDDを使っていますが、容量が不足するようであれば2TBか3TBのHDDに換装すれば良いです。

このあたりの自由さは自宅サーバならではですね。

コメント