Ubuntu Touch をNexus5にインストールする方法

Androidでもなく、iOSでもないスマホ用のOS「Ubuntu Touch」をインストールして使ってみました。

「Ubuntu Touch」のインストール方法と、使用感を紹介します。

ubuntu Touchとは

スマホのOSは、AndroidかiOSの2つでシェアのほとんどを占めていますが、ほかのOSがないわけではありません。

Ubuntu Touchは、Ubuntuを開発しているカロニカル社がモバイル端末向けに開発していたOSです。

しかし、カロニカル社は2017年4月にプロジェクトのサポートを終了していまい、現在はUBports Communityにて開発が続けられています。

 

Ubuntu Touchは、いくつかのAndroid端末にインストールすることができます。

現在、Ubuntu Touchがインストールできるのは、以下の端末です。

Ubuntu Touch Devices
Ubuntu Touch can be installed on the Asus Zenfone 2 ZE551ML, Bq Aquaris E4.5, Fairphone 2, Oneplus One and 41 more phones and tablets.

 

Ubuntu Touchをインストールした端末

私がUbuntu Touchをインストールするのに使用したのは、ヤフオクで落札したNexus5です。

落札価格は5,580円でした。(2019年12月落札)

 

 

[補足]

読者様から、Nexus5のAndroidバージョンが古い場合、Ubuntu Touchのインストール中にエラーが発生するとの情報をいただきました。

入手したNexus5のAndroidバージョンが古い場合、先にアップデートすることを推奨します。

 

 

Ubuntu Touchのインストール方法

Ubuntu Touchのインストール方法を説明します。

 

adb、fastbootコマンドを使用できるようにする

Ubuntu Touchをインストールするためには、パソコンからadbとfastbootという2つのコマンドを使います。

 

私のメインパソコンはLinuxMintなので、私はLinuxMintにadbとfastbootコマンドをインストールしました。

LinuxMintでadb,fastbootコマンドを使用する方法は、以下の記事を見てください。

LinuxMintで、adb、fastbootコマンドを使用できるようにする
Android端末をパソコンから操作する場合、adbとfastbootという2つのコマンドが使用できなければなりません。 LinuxMint19でadbとfastbootコマンドを使用できるようにする方法を紹介します。 ...

 

bootloaderのアンロック

Nexus5のbootloaderをアンロックします。

 

Nexus5をUSBケーブルでパソコンにつなげて、ターミナルから以下のコマンドを実行します。

 

Androidが再起動し、以下の画面が表示されます。

 

ターミナルから以下のコマンドを実行します。

 

bootloaderをアンロックしてよいかの確認画面が表示されるので、「Yes」をタップします。

[注意]端末が初期化されるので、必要なデータは実行前にバックアップしておきます。

USBデバッグを許可する

Nexus5を起動して、「設定→端末情報」をタップします。

 

「ビルド番号」を7回タップします。

 

「これでデベロッパーになりました!」と表示されたことを確認します。

 

「設定→開発者向けオプション」というメニューが増えているので、これをタップします。

 

「USBデバッグ」を有効にします。

 

以下のメッセージが表示されるので、「OK」をタップします。

 

「このパソコンからのUSB〜」にチェックを入れ、「OK」をタップします。

 

 

Ubuntu Touchのインストール

以下のサイトを開きます。

Get Ubuntu Touch | Ubuntu Touch

 

使用するOSにあったインストーラをダウンロードします。

※私はLinuxMintを使用したので、deb形式のものをダウンロードしました。

 

ダウンロードしたdebファイルを、GDeiパッケージインストーラーを使って、インストールします。

 

「パッケージをインストール」をクリックします。

 

ターミナルから以下のコマンドを実行し、ubrorts-installerを起動します。

[注意]root権限で実行する必要があるので、sudoが必要です。

sudoをつけずに起動すると、いつまでたってもインストールが進みませんでした。

 

確認メッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。

 

Nexus5をUSBでパソコンにつないでおくと、自動で端末が認識されます。

[install]をクリックします。

 

channelは安定版の「stable」を選択。

もともと、データは特に入ってなかったので、「Wipe Userdata」にチェックをつけ、「Next」をクリックします。

 

インストールが行われます。

 

以下の表示になったら、Ubuntu Touchのインストールは完了です。

 

Ubuntu Touchの初期設定

Nexus5を起動すると、Ubuntu Touchの初期設定画面が表示されます。

 

「日本語」を選択し、「Next」をタップします。

 

Nexus5にSIMカードは刺していなので、「Skip」をタップします。

 

ネットにはWi-Fiを使って接続するので、Wi-Fiの設定をして、「Next」をタップします。

 

「東京都」を選択して、「Next」をクリックします。

 

任意の端末名を入力して、「Next」をタップします。

 

ロック画面で使用するパスワードを設定します。

「Create new password」を選択して、「Next」をタップします。

 

パスワードを入力して、「Next」をタップします。

 

これで、初期設定は完了します。

「Get Started」をタップします。

 

Ubuntu Touchが起動します。

 

これで、Ubuntu Touchのインストールは完了です。

 

アプリのインストール方法

Ubuntu touchは、「AndroidのPlayストア」、「iPhoneのApp Store」のように、アプリをインストールするために「openStore」というアプリがあります。

 

「OpenStore」を起動すると、以下の画面になるので、ここからアプリを探してインストールできます。

私はとりあえず以下のアプリを見つけ、インストールしました。

  • gmail
  • Googleマップ
  • YouTube
  • Twitter

 

まとめ

Ubuntu TouchをNexus5にインストールして実際に使ってみました。

操作感はそこまで悪くはなく、日本語(日本語表示、日本語入力)も使用できました。

ただ、Ubuntu Touch公式のアプリストアで入手できるアプリは数が少なく、またアプリがあったとしてもAndroidやiPhoneのアプリと比べると機能が劣るものが多いようでした。

Ubuntu TouchはLinuxベースであるため、「Libertine」という機能を使用するとLinuxアプリをインストールできるのですが、インストールできても動作しないLinuxアプリもあり完璧とは言えません。

さらには、「anbox」という機能を使うことでAndroidアプリをインストールできるようなのですが、環境を作ってAndroidアプリをインストールするまでの手順が「経験豊富なユーザー向け」とのことで、簡単に使えるものではありませんでした。

 

今回使ってみた評価としては、Ubuntu Touchは「ものずきなマニア向け」という印象です。

公式アプリストアのアプリでは不十分ですし、「Libertine」、「anbox」という機能を使えばlinuxアプリ、Androidアプリをインストールできますが、確実に動作するわけではなく、インストール方法も簡単ではありません。

それでも、Ubuntu Touchを使いたいという人は「ものずきなマニア」というしかないでしょう。

 

ただ、モバイル向けOSは、実質AndroidかiOSの2つしかありません。

どちらも企業(Google/Apple)の影響力が強く、Linuxのようなオープンで自由な第3のOSが出てきてほしいという思いはあります。

Ubuntu Touchは、第3のOSになれる可能性はあるので、今後も動向を見ていこうと思います。

 

 

コメント