はじめての海水魚飼育 カクレクマノミを小型水槽で飼育する方法

カクレクマノミを飼ってみたい方に、カクレクマノミの飼い方を紹介します。

私は、海水魚飼育には以前から興味があったのですが、なかなかハードルが高く興味を持ってから実際に飼い始めるまで数年かかりました。

これには

  • いろいろな種類の機材がありどれがいいのかわからない
  • 一般的に60cm以上の大きな水槽を推奨されるため、置き場所に困ってしまう
  • 初期投資にけっこうお金がかかる

というような理由がありました。

いろいろなサイトを見たのですが、サイトによって書いてあることがバラバラで、何を信じていいのかわからなかったです。

結局は一番いいだろうと思われるものを購入して飼育を始めたのですが、試行錯誤の連続でした。

ろ過装置を買い替えたり、添加剤を入れたり、吸着剤を投入したりと、色々やりました。

その中では、私が未熟だったために短い期間で死なせてしまった魚たちもいます。

せっかく、海水魚飼育に興味を持って始めたのに、魚が死んでしまうのは悲しいものです。

そこで、私の今までの経験からカクレクマノミを飼う方法を紹介したいと思います。

 

水槽のコンセプト

私は平日は仕事があり夜遅く帰ってくることも多々あります。

また、休日は家族と出かけることが多く、水槽のメンテナンスに多くの時間をかけることは難しいです。

そこで、当ページで扱う水槽のコンセプトは、以下の通りです。

  • 必要最低限のシンプルな構成
  • 置き場所に困らない小型水槽
  • 初期投資を抑える

 

実現方法

上記水槽のコンセプトを実現するために、当ページでは以下の水槽を作成します。

初期投資を抑え、日々のメンテナンスも容易にするため、小型水槽を使用する

一般的には、最低でも60cm以上の水槽を推奨しています。

これは、水量が多ければ多いほど環境の変化が緩やかになり安定するからです。

それは間違いないと思うのですが、60cm水槽で一式そろえるのは、私には初期投資が少々高いと感じており、アクアリウムをやってみたい方にとってハードルが高くなっていると感じます。

もう少し手軽にアクアリウムを楽しめないか?と考えたのが、当ページで紹介している小型水槽+底面濾過の水槽です。

小型水槽でも、いくつかの注意点を守れば飼育は可能です。

 

濾過は、濾過能力の高い底面フィルターを使用する

当ページでは、底面フィルターを推奨しています。

濾過フィルターには底面フィルター以外にも

外掛けフィルター

上部フィルター

外部フィルター

などがあります。

どれも決して絶対にダメというものではありません。

ちゃんと使ってあげれば、それぞれきちんと機能します。

ただ、これらのフィルターと比べて底面フィルターには大きなメリットがあります。それは、小さな水槽でも十分な濾過能力があることです。

濾過能力が不足すると、水が少しずつ濁ったり、コケが増えたり、魚は調子を崩したりします。

そのため、安定して十分な濾過能力があるフィルターが必要です。

小型水槽においては、底面フィルターを選んで失敗するということはないと、私は思っています。

私が最初に水槽を買ったときには、外部フィルターと外掛けフィルターを併用していました。

しかし、なかなか安定せず、ある程度期間がたつと魚がおかしな動きを見せたり、病気にかかったりとうまくいきませんでした。

いろいろと考えて調べた結果、底面フィルターが良いだろうと考えて、外部フィルターをやめてかわりに底面フィルターを設置したところ、一気に水槽の状態が良くなりました。

底面フィルターは、値段も安く仕組みもシンプルです。

濾過フィルターで悩むのであれば、まずは底面フィルターを試して頂きたいと思います。

 

生体はカクレクマノミ2匹   ※イソギンチャクは、水質や光量にシビアなため入れない。

カクレクマノミとイソギンチャクの共生は、ぜひ見てみたいと思う気持ちはわかります。

ただ、カクレクマノミのみの水槽とイソギンチャクを入れた水槽では、イソギンチャクを入れた水槽の方が飼育はかなり難しくなります。

水質や光量、水流などが適切でないとイソギンチャクは弱り始め、死んでしまいます。

イソギンチャクは死んでしまうと身体が溶けていき、水槽の水をめちゃくちゃに汚します。

この汚れは、カクレクマノミ達にとって致命的で水槽が崩壊する危険があります。

まずは、カクレクマノミのみを飼育してみて、十分に飼育に慣れてから検討されるといいと思います。

カクレクマノミは、イソギンチャクがなくても問題ありません。

まずは、カクレクマノミ2匹からの飼育をおすすめします。

コメント