【MARK RYDEN バックパック レビュー】大容量:30L /パソコン収納つき ビジネスリュック

最近、仕事にリュックサックを使っている人が多くなってきました。

私は、ブリーフケースを使っていたのですが、毎日お弁当を持っていき、パソコンを持ち歩くこともあるので、容量が不足していました。

リュックであれば、パソコンの持ち歩きも楽ですし、お弁当を別の袋で持つ必要もありません。

そこで、良いリュックがないか探していたところ、Amazonで「MARK RYDEN」というメーカーのリュックを見つけました。

レビューが150件くらいついており、評価も良いようだったので購入しました。

 

スポンサーリンク

MARK RYDEN バックパック 全体

リュックとしては、かなり大きめなサイズです(サイズ:50 * 32 *18cm)。

そのかわり、収納はたっぷりあり、仕事はもちろんちょっとした旅行などでも十分使えるサイズです。

このリュックには、「大きなポケットが2つのAタイプ」と「大きなポケットが3つのタイプB」の2種類があります。

違いは、パソコン/タブレット用の収納ポケットがあるかないかです。

私はパソコンを持ち歩くことがあるので、パソコン/タブレット用の収納ポケットがついているタイプBを購入しました。

 

背面はメッシュのクッションがついており、通気性も考えられているようです。

また、スーツケースの持ち手部分にリュックを固定するためのベルトもついてました。

 

持ち手は中に厚手の素材が入っていて、とてもしっかりしています。

電車が混んでいる時などは手で持つこともありますが、これだけしっかりしていれば持ちやすいです。

 

ファスナーは写真のように隙間の少ない防水仕様になっています。

雨の日の通勤でも、水が染み込む心配が少なく安心です。

 

 

MARK RYDEN バックパック フロントポケット

1番外側の大きなポケットです。

深さがあり、水筒や折りたたみ傘などは余裕で入ります。

1番外側にあるポケットなので開けやすく、使用頻度が高いです。

 

スポンサーリンク

MARK RYDEN バックパック メインポケット

真ん中のポケットです。

収納としては、このポケットが一番大きいです。

 

真ん中のポケットには、USBケーブルが生えています。

このUSBケーブルに充電器などを刺しておきます。

 

外側のUSBポートにUSBケーブルを挿せば、リュックの中の充電器に接続してスマホの充電ができます。

 

MARK RYDEN バックパック パソコン/タブレット収納ポケット

ノートパソコンが入れられる大きなポケットと、タブレットなどが入れられるポケットがあります。

下の写真では、「12.5型ノートパソコンのThinkPad x230」、「8.9型タブレットの Nexus9」を入れていますが、どちらもまだ余裕があります。

 

スポンサーリンク

MARK RYDEN バックパック さまざまな収納ポケット

MARK RYDEN バックパックには、大きなポケット以外にも、さまざまなポケットがついています。

 

ショルダーベルト部分にポケットがあります。

Suicaなどのカードを入れるのに丁度いいサイズです。

 

フロントポケットの横にもポケットがあります。

出し入れの多い小物を入れるのに丁度いいです。

 

側面にペットボトルや水筒などが入れられるポケットがあります。

 

背面下にもポケットがあります。

このポケットはリュックを背おうと、背中で隠れるため、貴重品などをいれるのに便利です。

 

まとめ

「MARK RYDEN バックパック」を紹介しました。

「MARK RYDEN バックパック」は大容量で、大小さまざまなポケットがあり、これ一つあれば普段持ち歩くものは収納できます。

デザインは、黒ベースにMARK RYDENのロゴが少しある程度なのでビジネスでもカジュアルでも使えます。

私が「MARK RYDEN バックパック」を購入したときの価格は、「¥5,799(購入日:2019/09/08  Amazon)」でしたが、とても気に入ったので良い買い物でした。

コメント