アイリスオーヤマ エアリーマットレス レビュー

以前からずっと気になっていたアイリスオーヤマのエアリーマットレスを購入したので、レビューします。

部屋にベットを置くスペースがない、部屋をもっと広く使いたいという人におすすめの一品です。

エアリーマットレスの特徴

コンパクトに折りたため、移動が苦にならない軽さ

エアリーマットレスは3分割になっており簡単に折りたたむことができます。

また、普通のマットレスや布団と比べてとても軽いです。

私は毎日寝る時に隣の部屋か出してきて敷いて、朝起きたら隣の部屋へ片付けていますが、毎日やっても苦になりません。

普通の敷き布団であれば、毎日布団を移動させるのはけっこう大変でベッドの方が楽だと感じるものですが、エアリーマットレスの軽さであれば大丈夫でした。

 

高い通気性

エアリーマットレスのマットの中身は、東洋紡とアイリスオーヤマが開発した「エアロキューブ」という素材を使っています。

エアロキューブ

エアロキューブ

この素材は通気性が非常に良く、ムレません。

一時期、フローリングに薄いマットレスと敷き布団を敷いて寝ていたことがあったのですが、気がついたら、一番下に敷いていたマットレスがカビてしまったことがありました。

これは、梅雨〜夏にかけて湿度が高い日かが続いていたことが原因なのではないかと思っています。

マットレスや布団の湿気は、干してあげないとなかなか解消できませんが、布団を干すのは重たいですし天気のいい時しかできないので大変です。

しかし、エアリーマットレスは、高い通気性のため布団が湿気ることを防いでくれるので安心です。

フローリングに敷いて使っていますが、湿気ていると感じることはないですし、もちろんカビているということもありません。

 

高反発のマットレス

私が購入したのは、厚さが5cmのMARS-S という製品です。

厚さ5cmではちょっと薄いのではと思ったのですが、いろいろなレビューを見たところ5cmで大丈夫という意見がたくさんあり、思い切って購入しました。

エアリーマットレスの厚さ比較

「MARS-S(暑さ5cm)」と「こぶし」との比較

体重約70kgのわたしが寝てみたところ、底づき感はなく、マットがしっかりと身体を支えてくれて、良い寝心地でした。

使い始めて約3ヶ月ですが、毎日寝るのに十分に使えます。

もし、どうしても厚さ5cmでは、心細いという方には、厚さ9cmの製品がありますのでそちらを使ってみるといいかもしれません。

5cmを使った感覚からすると、9cmあれば十分な厚さだと思います。

 

 

有名なエアウィーヴより安い

高反発のマットレスで有名なものとしては、エアウィーヴがあります。

オリンピック選手やプロのスポーツ選手が使っているという製品です。

高反発のマットレスで通気性が高いなど、エアリーマットレスは、エアウィーヴと特製やコンセプトがよく似ています。

エアウィーヴの床に一枚敷きで使用できる「スマートZ」と値段を比較してみます。

同じ厚さの「エアリーマットレス HG90-S」との差は1万5千円以上です。

私が購入した「エアリーマットレス MARS-S」ですと、差は2万5千円以上になります。

  • エアリーマットレス MARS-S (シングルサイズ 厚さ5cm) 13,800円
  • エアリーマットレス HG90-S(シングルサイズ 厚さ9cm)25,760円
  • エアウィーヴ スマートZ  (シングルサイズ 厚さ9cm) 42,120円

※楽天市場  税込、送料込の最安値(2017年8月17日時点)

私はエアウィーヴを持っていないので直接比較をすることはできませんが、エアリーマットレスは多くの方が良いレビューをしており、安かろう悪かろうの製品ではありません。

とても、お買い得な製品だと思います。

コメント