カミハタ吸着剤を使ったリン酸塩 ケイ酸塩 除去/対策

スポンサーリンク

私の30cmカクレクマノミ水槽ですが、底面ろ過と硝酸塩還元BOXのおかげで、小さい水槽ですが水質はとても安定しています。

しかし、少々気になるのがコケの発生です。

アンモニアと亜硝酸塩は底面ろ過で処理できており、硝酸塩は還元ろ過BOXで低い値を維持できています。

考えられるのはエサをやることで水槽内に蓄積されていく「リン酸塩」と、足し水と水換え時に使う水道水に含まれる「ケイ酸塩」です。

「リン酸塩」だけであれは、水換えを頻繁に行うことで減らすことはできるのですが、水換えを頻繁にすると、水道水の「ケイ酸塩」が大量に水槽に入ってしまうことになり、コケが増えてしまいます。

今は、イソギンチャクとカクレクマノミのみなので、水換えとコケ掃除でなんとかなっているのですが、将来的にはサンゴなども入れてみたいという思いもあり、よりよい水質にしたいと思っていました。

 

スポンサーリンク

「リン酸塩」、「ケイ酸塩」を減らすには吸着剤が簡単!

「リン酸塩」、「ケイ酸塩」を減らす方法としては、吸着剤が考えられます。

水槽の水がよく流れるところに、規定量の吸着剤をセットするだけで、「リン酸塩」、「ケイ酸塩」を減らすことができます。

今回使用したのは、カミハタの2つの吸着剤です。

  • カミハタ フォスフェイトリムーバー(リン酸塩 除去)
  • カミハタ シリケイトリムーバー(ケイ酸塩 除去)

この2つを外掛けフィルターの空いているところに規定量詰めました。

30cm水槽なので、必要な量も少なく外掛けフィルターのスペースで充分です。

 

「リン酸塩」を吸着剤を入れる前と入れた後で計測してみました。

計測に使用したのは、「Red Sea」の「リン酸塩プロテストキット」です。

 

まずは、吸着剤の使用前。

「High range」で測定して、3.06ppm

 

続いて、吸着剤の使用後。

同じく「High range」で測定して、0.68ppm

 

水換えせず、餌もいつもどおりやっていたにもかかわらず、しっかりとリン酸塩の値が下がっていました。

まだ、少し値が高いので、吸着剤の量をもう少し増やして調整していきたいと思います。

 

「ケイ酸塩」については、試薬を持っていないので数字を見ることはできないのですが、茶ゴケの発生ペースが遅くなりました。

ただ、こちらもまだ茶ゴケが発生するので、もう少し吸着剤の量を増やした方が良さそうです。

※私の30cmカクレクマノミ水槽の場合、水量が少ないこともあり、規定量ではちょっと足りないようです。

 

カミハタの吸着剤

カミハタ フォスフェイトリムーバー

ファスフェイトリムーバーは、エサに含まれ水槽内に蓄積されていく、「リン酸塩」を除去する吸着剤です。

リン酸、窒素、カリウムと並ぶ、肥料3大要素の一つです。

「リン酸塩」が蓄積されると、水質が悪化しコケが増えやすくなります。

ファスフェイトリムーバーの主成分は活性アルミナで、「リン酸塩」を吸着します。

 

フォスフェイトリムーバー:海水用品 ~神畑養魚株式会社~
魚たちやサンゴ類が元気になる水に。有害なリン酸塩を吸着、コケの栄養源をシャットアウトし、発生を抑制します。

 

カミハタ シリケイトリムーバー

シリケイトリムーバーは、水道水に含まれる「ケイ酸塩」を除去する吸着剤です。

「ケイ酸塩」は、水道水を使って水換え、足し水を行っていると必ず水槽内に蓄積され、茶ゴケの原因になります。

シリケイトリムーバーの主成分は、アルミニウムオキサイドで、「ケイ酸塩」を吸着します。

 

シリケイトリムーバー:海水用品 ~神畑養魚株式会社~
魚たちやサンゴ類が元気になる水に。コケ・藻類や有害物質の発生を抑え、魚たちやサンゴ類が元気になるきれいな水に。

 

スポンサーリンク

まとめ

カミハタの吸着剤は、値段が手頃でありながら、しっかりと効果がありました。

吸着剤はどの程度効果があるのか不安があったのですが、しっかりと効果を確認できたので良かったです。

2〜3ヶ月ごとに交換が必要ですが、1瓶で私の30cmカクレクマノミ水槽には十分すぎるほどの量があるので、ケチケチせずに水槽の状態を見ながら、交換していこうと思います。

スポンサーリンク
アクアリウム生活
TOSHIOをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOSHIO-WEB

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク