[Ubuntu Server]Mincraft Serverのバージョンアップ(1.16⇒1.17)

Minecraftの新バージョン(1.17)がリリースされました。

以前「Ubuntu Server」に構築したMinecraftサーバは「1.16」であるため、これを「1.17」にバージョンアップしました。

以前構築したMinecraftサーバの詳細は、以下の記事をご覧ください。

 

 

バックアップ

万が一、失敗した場合に備えて既存のminecraft環境をバックアップします。

 

まずは、minecraftを停止します。

※私の場合は、minecraftをサービスとして起動するようにしているため以下のコマンドでサービスを停止します。

sudo systemctl stop minecraft@survival

 

minecraftがインストールされているディレクトリを別名でコピーします。

cp -r /opt/minecraft/survival/ /opt/minecraft/survival_ver116

 

 

Javaの更新

minecraftの「1.17」では、Javaのバージョンが「16」である必要があります。

 

以下のコマンドでインストールされているJavaのバージョンを確認します。

※以下の画像の場合は、”1.8.0_292″と表示されているため、Java8です。更新が必要です。

java -version

 

java8をアンインストールします。

sudo apt remove openjdk-8-jdk
sudo apt autoremove

 

続いて、Java16をインストールします。

sudo apt install openjdk-16-jdk

 

 

Spigotの更新

私は、Minecraft公式のサーバソフトではなく、より高性能なSpigotというサーバソフトを使用しています。

 

以前、Spigotをビルドしたディレクトリに移動します。

cd /opt/minecraft/BuildTools/

 

古いBuildToolsを削除します。

sudo rm -f BuildTools.jar

 

最新のBuildToolsをダウンロードします。

sudo wget https://hub.spigotmc.org/jenkins/job/BuildTools/lastStableBuild/artifact/target/BuildTools.jar

 

ダウンロードしたBuildTools.jarを使用して、Spigotをビルドします。

※バージョンは、最新の「–rev 1.17」を指定します。

sudo java -Xmx1024M -jar BuildTools.jar --rev 1.17

 

「Saved as ./spigot-1.17.jar」と表示されればビルドは完了です。

 

ビルドした「spigot-1.17.jar」をminecraftサーバのインストールディレクトリへコピーします。

※コピーの際にファイル名を「spigot.jar」に変更しています。

sudo cp /opt/minecraft/BuildTools/spigot-1.17.jar /opt/minecraft/survival/spigot.jar

 

 

プラグインの更新

Minecraftのバージョンアップに伴い、プラグインも「1.17」に対応するバージョンへ差し替えます。

 

私が使っているプラグインは以下の通りです。

Geyser-Spigot[統合版/Java版クロスプレイ用]

統合版パケットとJava版パケットを相互に変換するプラグイン

floodgate-bukkit[統合版/Java版クロスプレイ用]

Java版アカウントなしでJava版サーバへ接続できるようにするプラグイン

GeyserSkinManager-Spigot[統合版/Java版クロスプレイ用]

統合版で設定したスキンを反映するプラグイン

LocketteProチェスト、ドア、かまどなどに対して使用できるユーザーを制限するプラグイン
Dynmapワールドのマップを作製するプラグイン

 

このなかで、2021/6/14時点で1.17に対応するバージョンがリリースされていたのは、以下の2つでした。

  • Geyser-Spigot
  • floodgate-bukkit

この2つのプラグインを最新版に差し替えます。

[補足]

以下の2つのプラグインは、1.16版のままで動作しました。

    • GeyserSkinManager-Spigot
    • LockettePro

 

以下のプラグインは、バージョンアップ後動作しませんでした。

1.17対応版がリリースされる予定のようなので、リリースされたら差し替えします。

    • Dynmap

 

pluginsディレクトリに移動します。

cd /opt/minecraft/survival/plugins/

 

floodgate-bukkitの更新

古い「floodgate-bukkit.jar」を削除します。

sudo rm -f floodgate-bukkit.jar

 

最新の「floodgate-spigot.jar」をダウンロードします。

※1.17対応版からファイル名が「floodgate-bukkit.jar」⇒「floodgate-spigot.jar」に変更になっていました。

1sudo wget https://ci.opencollab.dev/job/GeyserMC/job/Floodgate/job/master/lastSuccessfulBuild/artifact/spigot/target/floodgate-spigot.jar

 

Geyser-Spigotの更新

古い「Geyser-Spigot.jar」を削除します。

sudo rm -f Geyser-Spigot.jar

 

最新の「Geyser-Spigot.jar」をダウンロードします。

sudo wget https://ci.opencollab.dev//job/GeyserMC/job/Geyser/job/master/lastSuccessfulBuild/artifact/bootstrap/spigot/target/Geyser-Spigot.jar

 

Minecraftの起動

minecraftを起動します。

※私の場合は、minecraftをサービスとして起動するようにしているため、以下のコマンドでサービスを起動します。

sudo systemctl start minecraft@survival

 

クライアントから接続して、接続できることを確認します。

 

 

ログの確認

もし、起動しない/動作がおかしい等ある場合は、Minecraftサーバのログを確認します。

 

vi /opt/minecraft/survival/logs/latest.log

 

 

まとめ

「Ubuntu Server」に構築したMinecraftサーバは「1.16」から「1.17」にバージョンアップする方法を紹介しました。

 

基本的には、jarファイルを最新に更新すればよいので簡単でした。

新バージョンをこれからどんどん楽しんでいきたいと思います。

コメント