【通信費削減】固定回線(NURO光)をやめて「楽天モバイル スーパーホーダイ」だけにする

お金が足らなくなってきました。

もともと、毎月の家計はだいたい赤字でボーナスでそれをおぎなうという傾向にあったのですが、9月でほぼボーナス分はなくなってしまい、12月のボーナスが出るまでの10月、11月がピンチになってしまいました。

10月と11月はなんとか節約するか貯金を取り崩すかするとして、根本的には毎月の支出を抑えて赤字体質を改善しなければなりません。

節約できそうなのは通信費

毎月支払っている費用の中で、費用をおさえられそうな項目を探したところ、通信費が目につきました。

我が家の通信費は、インターネット回線が「NURO光」、携帯は妻と私の2台とも「 楽天モバイル」です。

【通信料の内訳】

 

携帯は格安SIMなので、もうここから大きく下げるのは難しいです。

そこで、インターネット回線の方をもう少し安くできないかと考えました。

 

インターネット回線を安い回線に乗り換えできないか?

まずは、光回線でもう少し安いのはないかと調べてみましたが、NURO光は光回線としては安く乗り換えするメリットがある回線は見つかりませんでした。

※キャッシュバックキャンペーンを利用して別の光回線に乗り換えれば、キャッシュバック分お得になるという方法はあったのですが、キャッシュバックの条件に最低契約期間が含まれており2年程度は使わないといけなくなってしまうので、今回はキャッシュバックキャンペーン作戦はやめました。

また光回線以外では、WIMAX、ADSLという選択肢も検討しましたが、どちらもあまりメリットがみつかりませんでした。

WIMAX

以前、アパートに住んでいた時はいつ引っ越すかもわからないので、回線工事のいらないWIMAXを契約していました。

その時の経験では、WIMAXは屋外では安定して通信できても室内に入ってしまうと一気に通信速度が遅くなり、ルーターの置き場所によってはなかなか通信ができないということがありました。

WIMAXは光回線よりは安くなりますが、通信量の制限がない使い放題にするとそこまで安くありません。

それでいて、通信エリア、特に室内での通信に不安が残ったため、WIMAXはやめました。

 

ADSL

ADSLは、自宅に電話回線を引いていないので、回線を引く工事からやらなければならないようでした。

また、ADSLは電話局からの距離が遠くなるほど通信速度が落ちます。

調べたところ、電話局は駅の近くにあるようなのですが、我が家は駅からバスで20分くらいかかる場所にあり、通信速度はかなり低下すると思われました。

ADSLは料金自体は、WIMAXよりもさらに安いのですが、工事が必要なことと、通信速度がでない可能性が高いことから、やめることにしました。

 

インターネット回線の契約自体をやめれないか?

自宅のインターネット回線の使用用途は、webと動画(YouTubeとか)視聴がメインです。

光回線はたしかに速くてストレスは全くないのですが、使用用途を考えるとオーバースペックな感じがしました。

NURO光」の通信速度は、最大2Gbps。

自宅にサーバでもおいて常時大量アクセスがあるとかでもない限り、ここまでの高速回線を使いきる方法がうかびません。

YouTubeを高画質でみても、帯域にはまだまだ余裕があるはずです。

自宅に光回線というのは、過剰品質といってもいいかもしれません。

そこで、おもいきってインターネット回線を契約するのをやめてみるのはどうかと考えました。

 

楽天モバイル スーパーホーダイの低速データ通信(1Mbps)ならギリギリ耐えられるのでは?

今使っているのは 楽天モバイルの「組み合わせプラン 3.1GB」です。

楽天モバイルは、通信量を消費する「高速データ通信」と、通信量を消費しない「低速データ通信」をアプリで切り替えて使用することができます。

「組み合わせプラン」の低速データ通信速度は200kbps。

この低速回線でインターネット回線の代わりになればと、テザリングでノートPCにつないでみましたが、webをみるにも読み込みが遅く、YouTubeは標準的な画質の480pでは繰り返し止まってしまい、みれたものではありませんでした。

いくら安くなるといっても、これではさすがにストレスです。

そこで、目をつけたのは、 楽天モバイルのスーパーホーダイ プランです。

楽天スーパーホーダイは通信量を消費しない低速データ通信の速度が1Mbpsで、組み合わせプランの低速データ通信の5倍。

YouTubeにスーパーホーダイのレビュー動画がいくつかあがっていたので見たところ、WebもYouTubeも、光回線に比べれば遅いものの実用に耐えるレベルで使用できている様子。

現在使っている 楽天モバイルのプラン変更で済むので、手続きも簡単で手数料もかかりません。

そこで、来月から私と妻の 楽天モバイルのプランを「スーパーホーダイ プランS」に変更することにしました。

PCを使う時は、スマホのテザリング機能でスーパーホーダイの低速データ通信モードを使います。

低速データ通信モードであれば、通信量は消費しないので、YouTubeをずっと見続けていても大丈夫です。

 

まとめ

通信費を節約するため、インターネット回線(NURO光)を今月末で解約することにしました。

その代わりとして、来月から 楽天モバイルのスーパーホーダイの「低速データ通信(1Mbps)」を使い倒します。

光回線に比べればだいぶ通信速度は遅くなりますが、実用できるレベルだろうと思っています。

このとおりにいけば、毎月払っていた「NURO光」の料金ががまるごとなくなります。

楽天モバイルの料金は、組み合わせプランよりもスーパーホーダイの方が高いため、スマホ代としては値上がりしますが、それでも5,000円以内にはおさまります。

スーパーホーダイは10分まで通話無料なので、基本料金はあがりますが、通話料はさがる(10分以上通話することはそうそうないので、おそらくほぼ0円)見込みです。

また、 楽天モバイルは、楽天ポイントで支払いができます。

特に便利なのが、通常ポイントだけでなく期間限定ポイントも使えることです。

我が家は楽天ヘビーユーザーなので、月に期間限定ポイントもあわせれば、3,000ポイントくらいはもらえます。

これを 楽天モバイルの支払いにあてることで、実際に支払う通信費は1,000円〜2,000円になる計算です。

もともと通信費として払っていのは、9,000円前後なので、毎月7,000円から8,000円支払額が減ることになります。

ここまで通信費を下げられれば、満足です。

あとは、来月私の思惑どおりに 楽天モバイルのスーパーホーダイが使えるかどうかです。

今のところ、うまくいくと思っているので来月になるのが楽しみです。

コメント