楽天モバイルでiPhoneを使うため、SIMカードのサイズ交換した

スポンサーリンク

楽天モバイルで、妻のスマホをandroidからiPhoneに乗り換えしてみました。

元々使用していた端末

→ASUS zenfone selfie(SIMフリー)

乗り換えした端末

→iPhone6Plus(docomo)

です。

 

iPhoneは中古端末を購入

楽天モバイルは、docomo回線を利用しているので、「docomoで販売されたiPhone」か「SIMフリーのiPhone」であれば使えます。

今回のiPhoneは、ゲオモバイルで状態の良い端末を3万2千円ほどで購入しました。

妻からの要望が、「画面の大きいiPhoneがいい」とのことだったので、「Plus」がつくなかで一番中古価格が安い「iPhone6Plus」になりました。

 

まさかの失敗 SIMカードのサイズがあわなかった

ゲオモバイルで端末を注文した時は、端末きたらSIMを差し替えて、楽天モバイル用にネットワーク設定するだけだなと思っていたのですが、コレが失敗。

実際に端末が届いてSIMカードを刺そうとしたところ、どうやってもiPhone6PlusにSIMカードが刺さりませんでした。

冷静になって考えたところ、

ASUS zenfone selfie(SIMフリー)

→マイクロSIM

iPhone6Plus(docomo)

→ナノSIM

なので、サイズが違います。刺さるわけがありませんでした。

(注文する時になぜ気がつかなかったのだろう・・・)

しょうがないので、SIMカードをマイクロSIMからナノSIMに交換することにしました。

SIMカード交換は手数料がかかってしまうのですが、交換しないことにはiPhoneが使えないのでしかたありません。

 

楽天モバイルでSIMカードを交換する方法

楽天モバイルの場合どうすればいいか調べたところ、方法は2つでした。

  1.  Webサイトから申し込みして、郵送でSIMカードを交換する
  2.  楽天モバイルの店舗にいって、SIMカードを交換する

auを使っていた際に、auショップに何回か行ったのですがあまりいい思い出がなく、わざわさ店舗にいくのも面倒だなあと思い、1の方法でやろうとしました。

しかし、この方法の場合、SIMガードが送付されてくるまでの間に不通になってしまう期間があることがわかりました。

どうも古いSIMカードを使用不可にしてから新しいSIMカードを送付してくる流れのようです。

そのため、古いSIMカードが使用不可に設定されたタイミングでスマホが使えなくなってしまい、新しいSIMカードが手元に届くまでその状態が続きます。

スマホが使えなくなると、妻との連絡手段がなくなるためそれは困ります。

 

楽天モバイルの店舗でSIMカードを交換

結局楽天モバイルの店舗に行くことにしました。

楽天モバイルの店員にSIMカードのサイズ変更をしたいことを伝えると、契約によって店舗でできる場合とできない場合があるので、まずは契約を確認させてほしいとのことでした。

確認結果は、「店舗でSIMカード交換できる契約です」とのことだったので、その場でSIMカードを預けました。

40分くらいかかるとのことで、しばらくプラプラしてから再訪問。

設定は自分たちでやるものかと思ってたのてますが、持参したiPhone6 PlusにSIMカードを刺してくれ、楽天モバイル用のネットワーク設定も行ってくれました。

設定作業の料金とかはとられず、webサイトに記載されていたSIM交換の手数料3,240円を払って無事楽天モバイルでiPhoneが使えるようになりました。

 

まとめ

「端末のSIMカードのサイズは事前に確認しよう」

この一言につきますね。

 

もともと、全然実店舗がない時に楽天モバイルを契約したので、最近になって実店舗が増えだしてきても特になんとも思ってなかったのですが、今回は店舗があって助かりました。

 

iPhone
スポンサーリンク
TOSHIO-WEB

コメント