[実録]楽天ひかり 申込から開通までのスケジュール

自宅のインターネット環境を、ポケットWIFIから楽天ひかりに乗り換えました。

この記事では、実際に楽天ひかりを申込してから開通までのスケジュールを紹介します。

 

申込から開通までのスケジュール

2021/02/03 申込

申込の確認メールが当日にこなく、申し込みできているか不安になりましたが、次の日になってメールが来ました。

2021/02/05

ショートメッセージ(SMS)にて、「楽天ひかり工事受付センター」に電話してほしいとのメールがあり、工事日の日程調整の電話をしました。

2021/02/10

接続情報等が記載された封筒が届きました。

2021/03/04

自宅の回線工事が完了。無事に開通。

※最短の日時でお願いして、この日程でした。

 申込したのが2/3なので、ほぼ1ヶ月かかりました。

 

楽天ひかりはIPv6(クロスパス)対応ルーターの購入が必要

楽天ひかりは、インターネット接続に必要なルーターがセットになっておらず、「IPv6(クロスパス)対応ルーター」を自分で用意しなければなりません。

回線工事日までに用意しないと、インターネットに接続できないため忘れずに購入しましょう。

楽天ひかりに対応しているルーターは、以下のページに一覧があります。

楽天ひかりのIPv6(クロスパス)対応ルーター | 楽天ひかり
楽天ひかりIPv6(クロスパス)のインターネット接続の利用に必要なクロスパス対応ルーターを掲載しています

 

ただ、選択肢が多すぎてどれを選んでいいのか悩みます。

私の場合は、以前NECのルーターを使ったことがあり良い印象があったので、NECの「WG1200HP4」を選びました。

 

WG1200HP4」を選んだ理由は、以下のとおりです。

  • 実売価格:6,000円程度と安価
  • メッシュ中継機能」に対応しているため、家の2階などでWIFIの電波が弱い場合はもう一台追加することでWIFIの強化ができる。

 

WG1200HP4」はサイズがとても小さく、「内容量260gのコーヒー」と同じくらいの高さでした。

そのため、ちょっとしたスペースがあれば設置できるルーターです。

ただ、重量も軽いため、硬めのLANケーブルをつなぐと本体が動いてしまったり、場合によっては浮き上がってしまうなどがあるかもしれません。

WG1200HP4」よりもさらに高性能な、「WG2600HP4」というモデルもあります。

通信速度/通信エリアをより求める場合は、「WG2600HP4」が良いと思います。

 

まとめ

楽天ひかりの申込から開通までのスケジュールを紹介しました。

楽天ひかりは特に問題なく開通でき安心しました。

※2021/04/21時点で、トラブルなく順調に使えています。

 

コメント