Nextcloud クライアント インストール(LinuxMint)

スポンサーリンク
NextCloudを使って無制限クラウドストレージを自宅サーバで作る
Nextcloudを使用して、自宅サーバにクラウドストレージを構築する方法を紹介します。dropboxやGoogle Driveのようなクラウドストレージを、自分専用に自由に使える環境を作ります。

上の記事で、作成したnextcloud環境にlinux mintから接続する方法を紹介します。

 

[nextcloud-client]のインストール

下のページにアクセスします。

 

Install – Nextcloud
Nextcloud is an open source, self-hosted file share and communication platform. Access & sync your files, contacts, calendars & communicate and collaborate ac...

 

[Desktop Clients]をクリックします。

[in this PPA]をクリックします。

[Disply Sources.list entries for]で、クライアントPCのOSのバージョンを選択します。

LinuxMint18は、Ubuntu16.04ベースのため、「Xenial(16.0.4)」を選択します。

選択すると、URLが表示されるので、そのURLをコピーします。

[ソフトウェアの管理]をクリックします。

[Synaticパッケージマネージャー]が起動します。

[設定]→[リポジトリ]をクリックします。

[新しいリポジトリを追加]をクリックします。

コピーしたURLを貼り付け、[OK]ボタンをクリックします。

ブラウザに戻り、[Signing Key]のリンクをクリックします。

下記画像の赤枠部分をコピーします。

[Synaticパッケージマネージャー]に戻ります。

左の[認証鍵]ボタンをクリックします。

[鍵をダウンロード]ボタンをクリックします。

コピーした値を貼り付け、[OK]ボタンをクリックします。

[X]ボタンで画面を閉じます。

[検索]ボタンをクリックします。

「nextcloud」と入力し、[検索]ボタンをクリックします。

検索結果の[nextcloud-client]を右クリックし、[インストール指定]をクリックします。

[nextcloud-client]に必要なパッケージが表示されるので、[マーク]ボタンをクリックします。

[適用]をクリックします。

[Apply]ボタンをクリックします。

[close]ボタンをクリックします。

[Nextcloud-client]の初期設定

メニューの[NextCloudデスクトップ同期クライアント]をクリックします。

[サーバーアドレス]に「http://[NextCloudをインストールしたサーバのIPアドレス]」を入力し、[Next]ボタンをクリックします。

NextCloudのユーザーIDとパスワードを入力し、[Next]をクリックします。

画面上のあか枠で、サーバー上のどのフォルダを同期するか設定します。

画面下のあか枠で、クライアントPC上のどのフォルダを同期するかを指定します。

[接続]ボタンをクリックします。

[Finish]ボタンをクリックします。

 

以上で、インストールは完了です。

 

まとめ

linux mintにNextcloudのクライアントをインストールし、Nextcloudサーバに接続する方法を紹介しました。

今回はlinux mintでやりましたが、linux mintの派生元になるubuntuも同じ方法でインストールできると思います。

Nexucloudは、linux用のクライアントソフトウェアもちゃんあって、使い勝手もいいです。

コメント