NextCloudを使って無制限クラウドストレージを自宅サーバで作る

スポンサーリンク
  • デスクトップPC、ノートPCなどと複数の機器を使い分けていると、ファイルの管理がめんどくさくなる時があります。

最初は、DropboxやGoogleDriveにファイルを置いて、それでどの機器からも見れるようにしていました。

しかし、無料版では保存できる容量が小さいので、なんでもかんでもとりあえず入れておくという使い方には向きませんし、インターネット経由で外部サーバへアクセスするため、大量のファイルを一度にアップロードしたりダウンロードしたりするとけっこう時間がかかります。

保存容量を増やすため有料版も考えましたが、毎月1,000円くらい払わないといけないため、ずっと払い続けていくと考えると「チリも積もれば山となる」という感じがして、やる気になりませんでした。

なにかいい方法はないかなあと思っていたところ、Dropboxのようなクラウドストレージを自宅サーバに無料で作れることを知りました。

保存できる容量は、サーバに搭載するストレージによって好きに増やすことができます。

しかも、自宅のLAN内にクラウドストレージがあるため、ファイルのアップロードもダウンロードも、インターネットに出ることなくLAN 内の高速な回線で行うことができます。

自分専用サーバなので、どんなに大量のファイルをアップしようが、誰からも文句を言われず、好きに使えます。

「これは、おもしろい!」と思い、さっそく自分専用のクラウドストレージを作ってみました。

 

Nextcloudとは

自分専用のクラウドストレージを作るために使用したのは、「Nextcloud」というオープンソースで開発されているソフトウェアです。

「Nextcloud」を使うと、Linuxサーバ上にDropboxのようなクラウドストレージを作成することができるとても便利なソフトウェアです。

もともとは、「ownCloud」という名前で開発されていたソフトウェアですが、「ownCloud」はエンタープライズ向け(≒有料版の非オープンソース)の機能を重視した開発方針となったことから、ownCloudからフォーク(≒移植)されたのが「Nextcloud」です。

「Nextcloud」では、「ownCloud」で有償で提供されている機能についても、無償かつオープンソースで提供することを表明しており、個人で使うのであれば「Nextcloud」の方が良いと思います。

Nextcloud環境の構築

Nextcloudを簡単にインストールするため、snapというパッケージ管理を使用します。

snapを使用すると、「データベースを作って、Webサーバをたてて、Nextcloudをインストールして」といった手順を、1コマンドで完了させることができます。

snapは、Ubuntuを提供しているカノニカル社が開発したパッケージ管理の仕組みですが、現在はUbuntuに限らず多くのディストリビューションに移植され、使用することができます。

サーバ

サーバOSには(安定と信頼の)Debian9をインストールし、デスクトップ環境としてlxdeを使用しています。

まずsnapをインストールし、snapを利用してnextcloudをインストールします。

[snapd]のインストール

[Synaptic パッケージマネージャ]を起動します。

 

[検索]をクリックします。

 

「snapd」と入力し、[検索]ボタンをクリックします。

 

検索結果の「snapd」を右クリックし、[インストール指定]をクリックします。

 

「snapd」に必要なパッケージが表示されるので、[マーク]をクリックします。

 

[適用]をクリックします。

 

[apply]ボタンをクリックします。

 

[close]ボタンをクリックします。

 

Nextcloudの設定

ターミナルを表示します。

 

下記のコマンドを入力し、実行します。

sudo snap install nextcloud

 

下記画像のように、インストールが完了したら、ターミナルを閉じます。

 

クライアントPCのブラウザから、「http://[サーバのIPアドレス]/」にアクセスします。

例 サーバのIPアドレスが「192.168.1.200」なら、「http://192.168.1.200/」

下記画面が表示されたら、管理者用のユーザーIDとパスワードを入力し、[セットアップを完了します]をクリックします。

 

nextcloudの初期設定処理が実行されます。※これは少し時間がかかりました。

 

下記の画面が表示されれば、nextcloudのインストールは完了です。

 

クライアント

nextcloudは、linuxに限らずwindowsやandroidからも使用できます。

各クライアントごとのインストール方法を紹介します。

linux

linux mintにNextcloudクライアントをインストールする方法をまとめました。

下の記事をご覧ください。

 

Nextcloud クライアント インストール(LinuxMint)
linux mintにNextcloudクライアントをインストールし、Nextcloudサーバに接続する方法を紹介します。

 

Windows

windos7にNextcloudクライアントをインストールする方法をまとめました。

下の記事をご覧ください。

 

Nextcloud クライアント インストール(Windows7)
windows7にNextcloudクライアントをインストールし、Nextcloudサーバに接続する方法を紹介します。

 

android iPhone

androidであれば「playストア」、iPhoneであれば「appストア」から「nextcloud」と検索すると、公式アプリが見つかるのでそれをインストールします。

インストール後の初回起動で、サーバアドレス、接続ユーザー、パスワードを聞かれるのでそれを設定すれ使用できるようになります。

 

macOS

下記のページから、macOS用のインストーラをダウンロードすれば使用できるはずです。※私はmacを持っていないので動作未確認です。

Install – Nextcloud
Nextcloud is an open source, self-hosted file share and communication platform. Access & sync your files, contacts, calendars & communicate and collaborate ac...

 

ブラウザ

ブラウザから利用する場合は、特にインストールや設定は必要ありません。

「http://192.168.1.200」のようにnextCloudをインストールしたマシンのIPアドレスを入力してあげればOKです。

 

まとめ

「Nextcloud」を使用して、自分専用のクラウドストレージを作る方法を紹介しました。

DropboxやGoogleDriveといったクラウドサービスはとても便利ではありますが、データが自分の知らない(≒知ることができない)どこかのサーバに保存されるという状況は、あまり気分のいいものではありません。

もし、「データがなくなってしまったら」、「データが盗まれたら」という最悪の状況が絶対に起こらないとは限りません。

その点、「Nextcloud」を使用したクラウドストレージはすべて自分で管理することができます。

クラウドストレージは便利だけど、自分のデータを預けるのがちょっと不安という方には、ピッタリのソフトウェアです。

今回はsnapという新しいパッケージ管理の仕組みを利用したことで、「Nextcloud」の環境構築はとても簡単でした。

この手軽さで、DropboxGoogleDriveと同じようなクラウドストレージを持てるのですから、ホントすばらしいソフトウェアです。

ぜひ、「Nextcloud」を多くの人に使ってもらいたいと思います。

 

補足

この記事の方法では、自宅のLANでしかNextcloudを使用することはできません。

自宅外からNextcloudを利用する方法としては、「VPNを使って自宅のLANに外部から接続する」か「Nextcloudサーバを外部公開してインターネット経由で接続する」を考えていますが、まだ実現できていません。

自宅外から使用する方法は、別記事にまとめようと思っています。

コメント