Debian9 KVMで仮想化環境構築

スポンサーリンク

Linux(Debian) 上にKVMで仮想化環境を作成したので、その方法を紹介します。

KVMはまえから興味があったものの、VMwareやVartualBoxと比べると少しマイナーな印象があり、なかなか使ってみる機会がありませんでした。

最近になって調べてみたところ、KVMの仮想化環境を作るのはそんなに難しくなさそうなことがわかったので、今回チャレンジしてみました。

 

KVM(Kernel-based Virtual Machine)のインストール方法

今回、KVMで仮想化環境を構築するためのホストOSには、Debian9(Stretch)のLXDEバージョンを使用しました。

普段私はLinuxMintを使っているのですが、ホストOSはKVMが動かすためだけに使用するため、LinuxMintより軽量かつ安定したDebianを選択しました。

まずは、ターミナルから下記のコマンドを実行し、KVMに必要なパッケージをインストールします。

apt install -y qemu-kvm libvirt0 virt-manager

・qemu-kvm

KVMと連携して動作する仮想化ソフトウェアです。

・libvirt0

仮想化環境を管理するためのライブラリです。

・virt-manager

仮想マシンをGUIで作成するための管理ツールです。

 

KVMを一般ユーザーで操作できるようにするため、「libvirt」グループにKVM実行時に使用するユーザーを下記のコマンドで追加します。

adduser [ユーザーID] libvirt

KVMのインストールはこれで完了です。

Linuxカーネルに組み込まれているだけのことはあり、インストールはとても簡単でした。

コメント

  1. とおりすがり より:

    USB機器の取り外し方法ですが、リダイレクトからの取り外しの場合、物理的な強制切断のようなもので、良くないのでは無いでしょうか。USBメモリが破損する可能性はありませんか?
    ゲストOSからの取り外しの方が良いような気がします・・・

    • TOSHIO より:

      とおりすがりさん

      記事を見ていただき、ありがとうございます。
      たしかに、リダイレクトからの取り外しは乱暴でした。

      ゲストOS上で、「ドライブの安全な取り外し」を行なうように記事を修正しました。

      ご指摘いただき、ありがとうございました。